GLOBAL GATARI

国内外で地域の暮らしを旅するひとりのミレニアルが綴る

Pray for Kumamoto | 海外からの熊本支援方法

狐の嫁入りが出る熊本県阿蘇郡の景色

現在ニューヨークで生活しているため熊本地震直後はあまり情報が入ってこなかったのですが、Facebookやオンラインメディアを通じて熊本現地の甚大な被害情報が伝わってきています。

熊本のみならず今回の地震で被害に遭われた方々が一日も早く平穏な生活へと戻れる事をお祈りします。
そして、一刻も早く現在の混沌とした状況が改善される事を祈っています。

熊本地震の被災地支援のため海外在住者にできること

f:id:jingumaruta:20160417041919j:plain
かつて東北大震災が起きた時、京都で学生生活を送っていた私は何か支援したい衝動に駆られました。

しかし、状況が伝わってこない上、良かれと思ってやっている事が被災地では混乱を生む現実もありました。結果的には、少額ながらも募金活動への協力を行うのみでした。

ただ多くの自然災害の経験から、まずは信頼のおける団体への義援金寄付をおすすめします。

物資も重要ですが、現地の体制次第では、かえって混乱を生むことがしばしばあるそうです。救援物資供給のバランスが取れないといった問題も生じ得るため、まずは義援金寄付を検討しましょう。

海外で生活されている日本人の方はどかしい思いをされている方も多いでしょう。何か支援をされたい場合は、Yahoo!JAPANのネット募金がおすすめ。

f:id:jingumaruta:20160417044829j:plain
募金方法は極めて簡単で、クレジットカード決済で100円単位で募金ができます。

  1. 企業募金活動のため信頼性が高い
  2. 大きな基金団体へ募金を集約する事が大事
  3. オンライン募金のため海外でも募金可能

同募金活動をすすめる理由は様々ありますが、信頼が出来る団体への募金を心掛けましょう。

悲しい事に災害時に便乗する悪質な募金団体も存在します。また良心から個人で募金活動を海外現地あるいはオンライン募金をする方がいますが、必ず信頼が出来る団体へ募金をしましょう。

トラブルを回避するためだけでなく、募金資金を利用する時に出来る限り限られた団体から資金提供された方が資金運用側もスピーディーに動けるため。

自然災害発生時は情報に惑わされないこと

Facebook、TwitterなどのSNSあるいはwebメディアから様々な情報が断片的に入ってくる事で、曖昧な状況把握の中、不安な気持ちが生まれてくると思います。

誤った情報やデマにより被災地の方々までも混乱させ、不安を掻き立てることが大いに起こり得ます。海外に在住であっても、インターネットで繋がっている今日、あなたの軽率な言動で被災地の方に混乱を及ぼす事もあり得ます。


大切なのは、落ち着いて状況を把握すること。そして、仮にご家族・友人が被害に遭われたならば、不安な気持ちを抑えてまずは連絡を待ちましょう。その後、混乱が収まりつつあればLINEやFacebookあるいは電話で連絡を取り、心のサポートをぜひお願いします。


改めて同じ日本人として、美しい自然が残る熊本の姿そしてそこに生活する人々の笑顔が一日も早く見られる事を祈ります。