GLOBAL GATARI

国内外で移動暮らしをおくるひとりのミレニアルが綴るライフスタイルブログ

体感温度−25℃にもなる冬のニューヨークの暮らしかた

スポンサーリンク

f:id:jingumaruta:20190120165252j:plain

冬のニューヨーク、マンハッタンのまちがキラキラと光り輝く景色を見に訪れたいと思っている方も多いはず。

ただ、ニューヨークが青森県とほぼ同緯度ということを知っていますか?つまり、冬のニューヨークは雪は降りますし、気温も非常に下がります。

2016年にはWind chillいわゆる体感温度が-25℃と過去数十年でも異例の寒さに見舞われたニューヨーク。毎年寒い冬に慣れている生粋のニューヨーカーですらCrazyだと言うほど寒かったようです。

そんな、寒さ厳しくも、すてきな街並みを見せるニューヨークの冬の暮らしを少しご紹介します。

冬場は警報ニュースを毎日要チェック

2016年に大寒波が来た際も、現地NYメディアは「外出しないこと、この寒さシャレになりません」とニューヨーク市民に警戒を促しました。
nypost.com

平均的には最高気温が5℃ほどありますが、度々寒波に見舞われて、気温−10℃、体感温度も-15℃、-20℃になることが日常茶飯事なのです。

そのため、必ずTV、オンラインニュース、天気予報アプリなどで毎日当日の天気や先一週間の予報を確認しておくことが重要です。

旅行で訪れている方ならなおさら。不慣れな土地で寒波に見舞われることは、トラブルの確率が高まりますので、安全に旅を楽しむためにも少しだけ注意を払いましょう。


真冬のニューヨークの夜はうたた寝に注意

そんな極寒の冬のニューヨークで気をつけていただきたいのが、市民の移動の足となっている24時間運転している地下鉄。

現地で3か月リモートワークをしていた時代、真冬2月の誕生日を現地の友人が祝ってくれるというので、イーストヴィレッジ(East Village)のBeauty & Essexという素敵なお店でディナーをしました。

f:id:jingumaruta:20160222091203j:plain

お酒は強い方なので、ワインをグラスで2杯いただきながら数時間食事を楽しみ、23時頃には友人と別れ帰途につきました。

f:id:jingumaruta:20160222093452j:plain

ニューヨークと日本の時差は非常に大きい

出張や旅行などで短期間現地にいる方に注意してほしいのが時差ボケ。

ニューヨークと東京の時差は14時間(サマータイムだと13時間)。出張者、短期リモートワーカーは日本メンバーとの打ち合わせなどをしていると、間違いなく夜型の生活になり、極度の時差ボケに陥ります。(旅行者でも日本の友人と連絡しすぎるとこの罠にハマります)

当時、日本とのやり取りのため睡眠不足状態、かつあまりの寒さの中、アルコールを摂取したので、地下鉄の車内でぐっすりと寝てしまいました。

個人差はありますが、時差ボケの際にアルコール摂取をする際は、くれぐれも移動時のうたた寝には気をつけましょう。

そして、はっと目覚めた瞬間、足元には少し口が開いた手提げが残っており、「しまった、置き引きされた」と完全に思いました。


しかし、ため息をつきながら中を一応覗いてみると、奇跡的にMacbook Airやお財布が入ったままでした。治安が良くなっているとはいえ、これは本当にラッキーでした。

ニューヨークの地下鉄は安全?

2000年より前と比較すれば、はるかに治安が良くなっているNY。とはいえ、地下鉄車内では絶対に居眠りをしないように気をつけましょう。

家族連れやカップルの観光客でひしめく、昼間のマンハッタン中心部の地下鉄ラインですら、いまだにスリや不審者が乗車しています。

そして、夜間のハーレムやブルックリンエリアの路線は乗車人数も少なく、非常に物騒な雰囲気が依然としてあります。


過度にびくびくする必要は全くありませんが、特に真冬の夜にひとりで乗車する際には、くれぐれもうたた寝には気をつけてください。

複雑なニューヨーク地下鉄ライン

置き引き以外にもうたた寝による厄介なことが、日本の山手線や環状線と違い、乗り過ごすとかなり遠くの駅まで行き着いてしまうこと。これは寝ていなくても、うっかり起こりうるミスですね。

地下鉄は24時間運行しているので問題ないと思いがちですが、夜間は運行本数は決して多くないため注意しましょう。

特に、寒い時期に凍えながらホームと改札の間の階段で風よけをしながら待つのは本当に辛いので、皆さんも冬のニューヨークでは出来る限り効率よく乗り換えて帰宅して下さい。

f:id:jingumaruta:20160222095434j:plain

ニューヨークの治安事情

「ニューヨークって治安大丈夫かな」そんな声をいまも時折聞きます。確かに日本人からするとやや怖さを感じるエリアもまだありますが、ブルックリンもウィリアムズバーグ(Williamsburg)などはいまや高級住宅が立ち並び、おしゃれなカフェやショップにあふれています。

また、マンハッタンの中心部であれば高価な一眼レフカメラを首にぶら下げた観光客が夜遅くでもそこら中にいます。

ただし、セントラルパークより北側やブルックリンの南エリアには気をつけて下さい。
いずれの地区も滞在した事がありますが、昼ですら物騒な雰囲気があり夜はまず出歩かないようにしましょう。

酔って帰る時は迷わずUber

f:id:jingumaruta:20160228113433j:plain

ニューヨーク名物、イエローキャブではなく、Uberアプリで車を呼びましょう。

マンハッタンから外に出る際は、橋の通行料で$20かかる場合もありますが、やはり酔っている時は迷わずUber/Lyftです。

アプリで自宅にピンをさせば、ぐっすり眠っていても構いません。地下鉄に寝るよりもはるかに安全かつ快適です。

もしまだUberを利用したことが無い方はプロモーションコードを利用して$15割引を受けましょう。
92zu3」を入力すれば初回乗車から値引きされます。
ちなみにこちら日本でも使えますので、試してみたい方はどうぞ!


安全になったニューヨークとはいえ、日本からいらっしゃるなら少し注意を払いましょう。

その意識さえあればやはりこの街は世界でも類をみない、最高にエキサイティングな街です。