GLOBAL GATARI

国内外で暮らしを旅するひとりのミレニアルが綴るライフスタイルブログ

【絶景】まるで夢の世界!マルタ島で必ず訪れるべきポパイ村とは?

スポンサーリンク

f:id:jingumaruta:20161227114858j:plain

近年、若い女性を中心に人気急上昇中のマルタ島ポパイ村 (Popeye Village) は同島内でも観光スポットとして老若男女問わず人気のスポットです。


ヴァレッタ (Valleta)などの中心地からバスで約1時間、ゴゾ島やブルーラグーンがあるコミノ島に行く途中にぜひ立ち寄ってみましょう。

◎あわせてよく読まれている記事

  1. アメリカ渡航者必見!ESTAがあっても入国拒否の危険は常にアリ
  2. 片道5時間の価値アリ!大地が産んだ奇跡、グレートオーシャンロードの行き方・楽しみ方
  3. 北欧生まれのSpotify: 世界一の音楽ストリーミングサービスとは


マルタ島とは

そもそもマルタ島について日本の方はあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパでは人気の一大リゾート地。

特にその治安の良さと歴史的建造物の美しさに惹かれ、家族連れからシニアの方々まで大変人気があります。

イタリア・シチリア島(ブーツ形のつま先あたり)の少し南に位置し、年間通じて暖かい地中海気候に恵まれたリゾート島であり、マルタ共和国という国の国土となっています。

さらに、首都のバレッタはなんと街全体が世界遺産となっている世界でも有数の歴史的な街並みが見られます。


マルタ島ポパイ村への行き方

f:id:jingumaruta:20161227142404j:plain

ポパイ村はマルタ島の北部、ゴゾ島やコミノ島へ行くフェリーの港からやや南下したエリアにあります。

首都ヴァレッタからはバスで約1時間、時間帯によっては乗り換え1回で到着します。

f:id:jingumaruta:20190923135051p:plain

マルタ旅行でのマストスポット、ブルーラグーン (Blue Ragoon)があるコミノ島 (Comino Island)に早朝行った後に午後から行く事も十分可能です。



映画を観てなくても楽しめるポパイの世界観

f:id:jingumaruta:20161227124447j:plain

現地に到着すると、ポパイ村のその名の通り、映画「ポパイ」の撮影が行われたロケ地が現れます。

村全体に映画のセットが当時のまま残っており、足を踏み入れると一気に違う世界に来たような感覚に。


ポパイファンはもちろん、ポパイ映画を観た事が無い方でも、現実世界を離れた様なかわいらしい色に包まれた小さな村の世界観を楽しむ事ができます。



ちなみに私もポパイに一切関心はありませんでしたが、非常に楽しめました。



突如始まる本番さながらの撮影イベント

f:id:jingumaruta:20161227125330j:plain

村を探索していると、時折広場が騒がしくなってきます。

これは一日に数回実施される映画シーンの撮影会。

一般の来場者が、ポパイやパイレーツ、村の女性役となり、いくつかのカットを一緒に演技して撮影します。

f:id:jingumaruta:20161227131858j:plain



時に、欧米からの陽気な参加者のアドリブ演技が非常に愉快なので、少し足を止めて観覧するといいでしょう。

f:id:jingumaruta:20161227131918j:plain



ちなみに撮影している最中も、邪魔にならない様に広場を通行してしまって全く問題ありません。

スポンサーリンク



細部に至る世界観、隠れポパイ

f:id:jingumaruta:20161227124502j:plain

ちょっとした侵入禁止や禁煙マークもポパイのデザインが凝らされたものとなっています。

目の前のカラフルな家々に目が行きがちですが、ぜひゆっくりと色んな所を見て周ってみてください。


子供も存分に楽しめるラブリーなポパイ村

f:id:jingumaruta:20161227134251j:plain

ポパイ村では、小さな子供を連れた家族客も村の中を行ったり来たりと、遊びがきいたセットの中で楽しむ姿が多く見られます。



目の前に美しい入江を見ながらゆっくりと遊べる遊具があれば、子供が好みそうな隠れ家的なスポットもあります。

f:id:jingumaruta:20161227134301j:plain


もし子供連れで訪問を悩まれているならば、心配は無用。
十分に子供から大人まで楽しめてかつゆっくりと過ごすことができる小さなかわいい村です。

f:id:jingumaruta:20161227142957j:plain

親子、若者にはブルーラグーンよりオススメのスウィミングスポットあり

f:id:jingumaruta:20161227143345j:plain


マルタ島のスイミングスポットといえば、やはりコミノ島のブルーラグーン。

一人旅で訪れても十分楽しむ事ができますし、万人が楽しめるとても美しいビーチ。



ただ、小学生から高校生程度の子供を連れた家族客や大学生グループにはポパイ村の目の前のアンカーベイで存分に泳ぐ事をおすすめします。


なぜならそこは入江の様に崖に囲まれた絶景の海があるだけでなく、多くの浮島やトランポリンなど海上アクティビティが多く用意されているからです。

f:id:jingumaruta:20161227145734j:plain
一番人気の棒渡り浮島


そのため、小学生ほどの小さな子供から大学生グループなどの若者がトランポリンから飛び込みをしたり、浮島で談笑したりとブルーラグーンとはまた違った楽しみ方ができるスポットとなっています。


ちなみに、脱衣所や簡易シャワーもあります。

スポンサーリンク



忘れずに乗ろう!アンカーベイ周遊ボート

f:id:jingumaruta:20161227145452j:plain

かわいらしい村と目の前の美しいアンカーベイを満喫したらそのまま帰りそうですが、あと一つアクティビティがあります。


ポパイ村のチケットに乗船券が実は付いていて、定期的にアンカーベイそして少し沖に出てキレイな洞窟を眺めながら最後にポパイ村を船上から見渡す事が出来ます。

f:id:jingumaruta:20161227145750j:plain

船乗り場のスタッフに聞くかあるいは乗り場にある時計が指す時間が次の乗車時間なので、それまでゆっくりと時間を過ごしましょう。

【おまけ】ポパイ村からバス5分のビーチも実は穴場ビーチ

f:id:jingumaruta:20161227150948j:plain

小学校低学年以下のお子さんを連れている家族あるいは恋人とまったりしたい方へ、

ポパイ村付近で乗り換え下車するバス停 "Skrajda"の目の前のビーチも穴場なのでおすすめです!



こちらは非常に遠浅のビーチで、5歳程の子供でも砂浜から50m近く一人で海に入って遊んでいる程です。


マルタにはまだまだ多くの解き明かされていない神秘と魅力で溢れています。
さあ皆さんもマルタの魅力を体験しましょう。

f:id:jingumaruta:20161227151025j:plain